クレジットカードの年会費に注目

クレジットカードを作る時には、年会費にも注目していく必要があります。年会費が必要な場合は、その費用を支払っていく必要があります。数千円ぐらいと安い場合が多いですけど、少しでも負担を軽減したいのであれば、年会費無料のクレジットカードがお勧めになってきます。年会費無料のクレジットカードもあります。もちろん、年会費が無料というだけで決めずに、サービス面やカード会社の安定性なども見ていく必要があります。また、ゴールドカードなどワンランク上のカードになってきますと、年会費が発生するケースが多いです。ゴールドカードは、お得なサービスが向上されていて、さらに利用額も多くなっています。ただ、年会費を考えると、一般のクレジットカードで満足している人は、無理にゴールドカードにする必要はないです。

クレジットカードのポイント

クレジットカードのポイントをためるとわりとお得です。この前も化粧水、洗顔などの化粧品を購入しました。でも1年に1度ぐらいしか使えないです。なぜなら1000円分ためるのに1年かかるからです。クレジットカードで携帯電話の料金の引き落としなどもしていてわりと使っているほうです。しかしネットショッピングはあまりしないのでポイントがたまりません。クレジットカードのポイントをいろいろ活用するようになって7,8年になります。全額、寄付にしたこともありました。その時は太っ腹でそんなことをしていました。今は生活必需品である化粧品等を買うのに使っています。もう少しポイントがたまれば寄付にもしたいなと思っています。

クレジットカードを持っていて助かったこと

外出途中で銀行から下そうと思っていたのに、銀行のキャッシュカードを持って行くのを忘れていた時、財布の中にあったクレジットカードで難を逃れたことがあります。コンビニのATMを使おうと思った時にキャッシュカードを忘れたことに気付きました。取りに帰る時間もなく、どうしようかと思ったところにクレジットカードなら持っていることに気付いたので、そのキャッシング枠を利用して2万円ほど借りました。クレジットカードでキャッシングを行うと、支払い回数に限らず必ず金利が付きます。ですが1回払いということもあり、300円弱の金利で済みました。自分の銀行口座から下していれば当然この金利は掛かっていませんが、実質1.5%程度の金利で済んだこともあり、いざとなった時にはクレジットカードのキャッシングも便利だと思いました。

クレジットカードのポイント利用法

クレジットカードを使うメリットのひとつに、ポイント加算があります。買い物をした金額に応じ、1000円で1ポイントとか、200円で1ポイントとか…また、そのポイントを還元する場合、1ポイントあたり1円相当のものから、1ポイントあたり5円相当のものまであります。ポイントの付与率が低いからと還元率が悪いとは限りませんし、その反対もあります。カードによって、付与率、還元率がさまざまなので、自分の買い物スタイルによってカードを使い分けるといいです。また貯まったポイントの還元ですが、私は商品券や現金での還元を選びます。が、最近は商品券に交換する場合、送料や手数料分のポイントが必要になることが増えてきました。そこで、ネットショップで使えるクーポン券などは、メール等で送られてくるので、手数料がかからないことが多いので、最近はそういったものに交換することが増えています。

危なそうなサイトではネット通販をクレジットカードで利用しないこと

ある朝早く目覚めて、スマホでメールをチェックしていたところ、「緊急」という題名のメッセージが入っていました。見るとクレジット会社からのメールで、不審に思いつつ内容を確認すると、すぐに以下のコールセンターに電話してほしい、ということでした。それで電話をしてみると、クレジットカードで購入した内容を確認されました。しかし、どれも記憶になかったので、その旨を伝えると、驚いたことに、カードの不正利用で購入されていた、ということを告げられました。コールセンターの担当者が言うには、不審な購入履歴があった場合は、決済前にわかるとのことで、それで確認の連絡をしてきたとのことでした。すぐに、その購入は取り消され、私のクレジットカードは廃止されて再発行になりました。正直言って、手数料が安いので持っていたクレジットカードでしたが、こんなふうにセキュリティもしっかりしているんだな、と改めて信頼感を持ちました。

学生専用のクレジットカード

クレジットカードには学生専用と言う種類があります。学生専用のクレジットカードであれば、大学生や専門学校生などの学生さんでも大丈夫です。18歳以上の学生さんに限られますので高校生では発行はできないですが、学生専用カードでは一般カードのように年収は問われない場合が多いのです。それは親御さんに大学や専門学校などに通わせられる経済力があると判断されるからです。学生さん本人にアルバイトなどで安定した収入があるとさらに入会審査に通過しやすくなります。学生のうちは年会費無料と言うクレジットカードもあり年会費を負担する事無くご利用する事も可能です。学生から社会人になると一般カードに自動切替される学生専用カードもあり、そのままご利用したい時にも便利です。

新しいクレジットカードが届いた

銀行が発行しているクレジットカードと他のクレジットカードと私は二枚のクレジットカードを所有しています。全盛期には10枚近く持っていましたが、必要ないと思い、処分した結果、この二枚に絞られました。しかし、実際のところ、銀行が発行しているクレジットカードは使っていません。メインで使っているクレジットカードが破損したり盗難や紛失した時のために持っているのですが、いまだに活躍していません。そして、この間銀行から新しいクレジットカードが届いたのですが、自動的に更新されてしまったので、解約の機会を逃しました。一応これを持っておけばいつかは役に立つかもしれないので、このままキープしておこうかなと思っています。

クレジットカードでお得にポイントを貯める方法について

ポイントが貯まりやすいクレジットカードを選ぶことは結構重要な所かと思いますが、1枚だけクレジットカードを使うのではなくって、複数のカードを使い分ければ更に効率良くポイントを貯めることだって可能になってきます。メインとなるクレジットカードの他に還元率の高いカードを1枚か2枚用意して、それをポイントの高くなる日に上手く使っていけば、きっと思っている以上にポイントが貯まってくるんじゃないかと思います。普段の買い物にクレジットカードを使っていくのは勿論ですが、賃貸物件に住んでいるのなら家賃もクレジットカードでというのがお得なんです。済んでいるアパートやマンションがもしクレジットカード払いオーケーでしたら、絶対に使っておきたいテクニックのひとつだと思います。

クレジットカードは年会費無料の方がいい!

クレジットカードはとても便利で、手持ちの現金が無くても支払える便利なカードです。しかし、注意しないといけないのは支払日が2ヶ月後になるので、お金の管理が苦手な人は気をつけないと危ないということ。もう1つは分割払いを続けていると、結局手数料の為にトータルで損をすることです。なので、一番賢い使い方としては年会費無料のカードを選ぶことです。年会費無料のカードで、普段の買い物や、光熱費の支払いなどをすることによって、ポイントがかなり貯まるのでお薦めです!ポイントで交換出来るものはカードによって、違うので交換商品を比べてカードを選ぶ方法もオススメです。私の場合は楽天カードを普段の支払いなどに使用しているので、支払いの100円分が1円分になるので、どんどんと溜まっていくワクワク感もあります。

スーパーのクレジットカードで賢く節約

既にクレジットカードを持っているのに、わざわざスーパーで新しいカードを作って数を増やさなくてもいいわ、とも思えますが、作っておくとお得なことが色々あります。そのスーパーでだけの特典になりますが、「毎週金曜日はスーパーのカード利用で5%オフ」といったカード保持者に限定された割引を受けられたり、明細と一緒によく買う商品の割引券が送られてくることもあります。食料品の割引は主婦にとっては嬉しいものですし、スーパーの食料品売り場には食料品だけでなく日用品や生活雑貨もあるので、たとえ普段は現金やメインで使っているカードが他にあったとしても、割引が使える時にはそのスーパーのカードで支払えばお得です。特に単価が高いものを買う際は割引の日にカードで支払うようにしています。